心の傷【京都イメージセラピストAnela】

Share on Facebook

先日のブログ記事にも書きましたが・・

最近じわじわ上がってきている私自身の「存在価値」(*^^*)

そう、「存在しているだけで自分に価値があるかどうか」ですね。

これね、びっくりなんですけど、ホントにウソみたいに変化がおきるのですね〜

なんか、些細なことなんですけど、ツイてる♡そんな感じ(^ ^)

高校時代の同級生で、ちょくちょく深い話ができる友達がいます。

気を使わなくていい、信頼している友達です。

でも5年ほど前に、私史上初の大げんかをして、2年間連絡をとらなかったことがありましたけどね(笑)

・・といっても私が一方的に怒ってしまったのですが^_^;

本人も認めているけど、私を怒らせてしまった原因は彼女にありました(…となってます^ ^)
とはいえ、今となって思うのは、そうなってしまった理由にもう少し思いやりを持てたらよかったなぁ と。。

でも、その時に思いっきり自分が思ってることをぶつけたから、意外とあまり尾を引いてなくて・・

さすがに意地もあり2年かかったけど、私から「元気にしてる?」とちょっと彼女が恋しくなり連絡を・・そしてなんとなく元どおりに(*^^*) 今に至ります。

  

個性が違うから、自分にない部分をお互い認めているって感じで、

お互いの意見が参考になります。

そんな彼女ですが、旦那さんが経営していた会社をたたむことになり、世帯主は彼女に。

いろいろ大変な中でも、どこか「なんとかなる」 と前向きに頑張っています。

直接ヒットするかどうかはわからなかったけど、「自己価値」が上がったことで

目の前の現実が変化してきた話をしました。

何か彼女にも気づくことがあるかもしれない と思ったから。

いろんな話をしながら・・

サバサバと年配の人から若い子まで、上手に誰とでも話ができる彼女。

はっきりモノも言うし、姉御肌。

でも、意外にも(まあ気づいてましたけど)自分の中で 個々の人との距離感がつかめるまで壁を作って自分を守っているらしい。もちろん傷つかないために。

だから、誰とでも明るく話すのは”これ以上OKだすまで入ってこないで”という無意識の守りなのかも と。

そして冷静に観察している とのこと。

だから、確かに私にとっても冷静な意見をいってくれる頼りになる存在です。

そこで質問してみました。

私「何に恐れて自分を守ってるの?」

彼女「・・おそらく、裏切られないために。。かな?」

私「じゃ、過去に裏切られたこと何かある?・・子供のころとか」

彼女「・・そういえば小さい頃、両親と歩くとき、歩くスピードの遅い自分と両親との距離ができたりした時に ”待ってるから早よおいで” と言うわりには、自分が追いつく前にまた歩き出し、待ってくれなかった両親のことを、子供ごころに
「ウソつき・・待ってくれへんやんか・・」と裏切られた気がずっとしてた

そうです。

もちろんこれが全てではないですが、これも実は心の傷となって

その後の彼女の思考パターンを作ってしまってたのですね。

この後、思いっきりレクチャーしました(笑)

心の傷が原因で、これ以上傷つかないように と思考パターンが作られていきます。

心をブロックするものがあると、やはり悩んだり生きにくかったり、

望む未来をイメージするときの足かせにもなってしまいますからね^_^;

少しづつ、気づいていくことで、徐々になくなっていきますから。

そしてそして、イメージ ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です