前世」カテゴリーアーカイブ

クッキングと前世【京都 イメージセラピストAnela】

クッキングと前世!?

{9F1B69C4-ADEB-4A82-B60D-506DD6DC4CDA:01}

 

今日は、不定期開催にひひの クッキングナイフとフォーク

 

お鍋1つでできちゃうメニュー5品

 

☆アクアパッツァ
☆ラタトゥユ
☆蒸し茄子の香味ソース
☆蒸し塩豚のオードブル風
☆ポテトサラダ
{E0701D01-2D2F-4BB9-8E6C-2B03F165AB51:01}

 

という、寒いのに夏野菜メニューかお
でも暖ったかヘルシーメニューもありますよドキドキ

 

☆大根のリゾット

 

そして、苺でデコレーションすると華やかになる

 

☆ほうれん草のシフォンケーキ ホイップ添え

 

{388B55A0-E330-4550-B61A-0A4FDE87BA8F:01}

 

どれも、なんちゃって~って感じで作りますが、

 

味はかなり良いレベル♪

 

美味しいものをみんなで作って食べると和みますねニコニコ

 

クッキングをしていて言うのもなんですが、

 

もともとお料理は得意でもなければ、好きなわけでもないのです(笑)

 

自分の空間で、自分なりのおもてなしをしたい私に

 

必要なアイテムドキドキ …そんな感じです。

 

誰でも、家に帰って 作ってみよっ♪  と思えるような
庶民的な食材で、簡単で美味しい をチョイスするのが気に入ってます(*^^*)

 

その和やかな雰囲気の中で、ハートオープントークをするのが好きドキドキ

 

ある時期は、必ず泣いちゃう席…っていうのがあって、毎回誰かが(…癒されて )泣いてるってこともありました(^-^)

 

ハートがオープンになると、自分から話だしたり
聴いてもらうことでみんなと共感したり、はげましたり、はげたされたり、認めたり。。認められたり。。

 

自分で言うのも何ですが、毎回みなさん楽しんで帰ってくれてるように思っています

 

クッキングは1つのコミュニケーションの手段としても良い仕事をしてくれますねドキドキ
家族で食卓を囲むことが大切 っていうのもわかりますね。

 

クッキングする = 女性らしい象徴

 

というイメージがあるようですが…

 

以前、同級生とノリで心斎橋にある 前世カフェにいったことがあるのですが、

 

そこで言われた私の特に目立った前世を3つ言われましたにひひ

 

① 91年前 スペインの修道女
                ~近隣国を巡礼の旅をしていたそうな

 

② 189年前 日本 おそらく京都の小物問屋の奥さん
                ~奥さんなので、家事はお手伝いさんがして
                    た
③ 285年前  ロシアの執事(男性)

 

カフェのママから「どの前世でも一切家事をしていないから、家事は嫌いでしょ?」なんて言われました。

 

家事が好きなタイプではないことは確かにひひ

 

執事と言われれば、昔は秘書でした。

 

修道女…と言われれば、確かに腑に落ちる。

 

といっても、答え合わせはできないですからね~~(*^_^*)

 

今の家族とは、1359年前のグルジア で家族だったことがあるそう虹

 

何年前と、えらく具体的な数字が出るのも凄いですね音譜

 

そんなわけで、

 

前世で家事をしたことがない私による、

 

クッキングでした~~\(^o^)/