気づき」カテゴリーアーカイブ

本当の自分をみつけよう【京都イメージセラピストAnela】

こんばんは(^-^)

未来のシナリオをプロデュースする
イメージセラピストのAnelaアネラです♡

 

昨日は
「あなた自身をプロデュースする
リリース講座 Left Step  」

の最終回でした(*^^*)

 

 

いや〜盛り上がりましたね♪

というのも・・

 

この回メインの「心の傷」が
参加メンバーさんみんなが
たまたま同じ傷だったからです。

 

色々思いあたる思考パターンに
共感できるので

「それ、わかるー!!」って感じで(笑)

 

人の話を聴いていることで、
自分自身が気づく感じが大いにありました。

 

気づけると、それは無意識でなくなります。

意識できると、無意識のパターンではなくなるからね〜

 

すると、そうなんです・・
手放すことができるのです(^-^)

 

リリースーー!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

少しづづかもしれません。

でも今までみたいに、
無意識にお決まりの思考がグルグル回ることは
なくなります。

 

「本当の自分をみつけよう」

 

第六感は、魂の声です

あなたがもって生まれた力です

あなたがこの世に生まれてきた本当の目的と

あなたが本当に幸福になる方法を知っているのは

あなた自身の魂だけ。

それを忘れないで。

 

IMG_4171

 

講座終了後のランチの席に
受講者さんが持参してくれた

今日のメッセージの本から・・でした。

 

「第六感」(*^o^*)

 

前日、3/29発売の「第六感」という本を
予約購入したばかり(笑)

 

何かを手放せ
すっきりした表情の一枚です♡

 

IMG_4165

 

伝えさせてもらう立場ではありますが
私自身も講座を通して

癒されたり、手放せたり・・

ホント、みなさんと共にです(*^^*)

 

ありがとうございます♡

 

 

 

 

 

30年以上続いてる少女マンガ

こんばんは(^-^)

冷んやりした夜ですね~
すっかり秋。

「ヤクルトが優勝した!!」と
ニュースが流れている自宅のリビングから。。

イメージセラピストのAnelaです♡

先日、実家の両親から
建て替えをするにあたり、

整理をしていたら
私のものがいっぱい出てきたから
見にきてほしい

と連絡がありました。

私の家でも、なかなかの断捨離を
したばかりなのに、

まだ、実家に色んなものを
置いていたようです(≧∇≦)

整理した中で・・「本」。

私の父は、よく本を読んだ人。
なんでもざっと1500冊ほど
あったらしいです。

せっかくなので、売ろう
ということになったそう。

ついでに、私のものも一緒にどうか?

とのこと。

それが何だったかと言いますと・・


少女マンガの単行本です!!

「王家の紋章」約30数冊~

王家の紋章

なんと・・1977年から2015年現在も
まだ続いているみたいです^_^;

ググってみると、

60冊~~・・ビックリ!

そして、2016年の8月には、
舞台も決まってるらしいです(^-^)

私は、小学生の頃に多少
少女マンガも読みましたが

そんなにはまることもありませんでした。

読むと何でも面白いと思いますが、
基本的に読書家ではないので(*^^*)

ただ、18歳の短大1回生の頃、
マンガ好きの友達が(誰だったかな?)

「これはまる~」と
ヤイヤイ言ってたのを
「どれどれ・・」と手にとり
読んでみたのが「王家の紋章」!!

いや~ハマりましたね( ^ω^ )

当時でもすでに古いマンガ。

つっこみどころも満載〜

どんなストーリーかと言いますと・・


現代と古代エジプトを舞台とする

3000年の時を経た

恋と壮大なロマンの物語

考古学好きなお金持ちの
アメリカの金髪の女子高生が主人公。

彼女の父親の事業の一環で
エジプトの若くして暗殺された

ファラオの墓を暴いてしまったことで
その呪術により、古代エジプトに
タイムスリップしてしまう・・

というもの。

ありがちなストーリーと思いきや
しっかり作者さんが

歴史を勉強された上での
展開で、面白いのです~笑

古代のエジプト人にとって
「黄金の髪の、白い肌の少女」は

宮廷の人の目にとまり、
しかも考古学に詳しい彼女は
現代の知識と合わせて、
エジプト人のピンチを救うのです~

未来を見透す「尊い予言」
と判断され、「黄金の姫」と
崇められるのです。

美男子の少年王に愛され、
また近隣の国々が彼女を
自国の姫にと
取り合いになっていくのです。

まぁ、そんなお話でございます(*^^*)

恋愛の描写も
乙女心をくすぐる表現がいっぱい♡

これにはまった私は、
当時発売されている分を
大人買いー!!

ちょびちょび溜まっていき
30冊を超えたのが
実家にあったのです。

「一緒に売るか?」と言われ

まだ手放せない私(笑)

もう一回読んでから・・
っていつ読むつもり??

いやですね~^o^私ったら。。

しかも、今の自宅に続きの巻が
あと十数冊・・。

先日の断捨離でも捨てられず
見送ったもの~ひゃ~

そこにどんな感情があるのか!?

それはおいおい暴いていきたいと
思います(*^^*)

今回の「王家の紋章」で
気づいたのですが、

そういえば私は・・

時空を超える

タイムスリップする

生まれ変わる

目に見えない存在になっても

大切なひとを見守る

このキーワードに心がヒットするみたいです。

他にも、古いB級映画ですが、

ワンモアタイム」Chances Are
この監督すごいと思います!
先見の明あり

ワンモアタイム

 ロバート・ダウニーJr
シビル・シェパード
メアリー・スチュアート・マスターソン
ライアン・オ・ニール

などの有名どころも出演しています。

「ゴースト」
パトリック・スウェイジ
デミー・ムーア

「仁ーJIN」

大沢たかお
綾瀬はるか

こんな風に、何かさっきの
共通するキーワードが
あるようです。

他にもいろいろあるのですが、
書けるほど思い出せません~

追加の映画の固有名詞が多いので

混乱を招きますね(*^^*)

この辺にしておきます。

昔から良くも悪くも
「過去」へ行ったり
「未来」へ行ったり
するクセ?があった私。

マンガの世界や映画の世界で
未来へ行ったり
過去へ行ったり・・
生まれ変わったり(笑)

まるで脳は「現実」なのか
「未来」なのか
わからないってことですね(^-^)

あなたも、今の日常の中で
「過去」へ行ったり
「未来」へ行ったり
することはありませんか?

まだ起こってないことに
不安に思ってグズグズ悩んだり
すぎたことなのに
過去の出来事にグズグズ悩んだり

・・「思い」時空を超えるのです。

時間の経過は、横軸ではなく
縦軸なんです・・

その意味は・・

続きは是非お茶会で(^-^)♪

イメージを未来に飛ばそう
思いは叶うから

お申し込み&詳細はこちら

なぜ人はキラキラ⭐️に惹かれるのか?

キラキラした素敵な人

キラキラした海

キラキラしたアクセサリーや小物

キラキラした人生

キラキラした未来・・

 

 

人はキラキラしたものになぜか憧れたり、夢を見たりしますよね❤︎

 

私自身もキラキラしたものが好きですし、なんだか素敵な未来のイメージがあるので、今までの講座の名前のフレーズにも「キラキラした・・」なんかを使ったりしています^ – ^

 

当然好みもあると思いますが、

男性・女性問わず、本来人はキラキラしたものを好むのには理由があるのです(*^^*)

images

色彩心理では・・

 

「人間は生まれてくるときに胎内という闇の世界から光に向かう経験をします。

そのため、男性・女性にかかわらず、人間は根源的に光輝くものを求めるのです。

ただし、生理や出産などで、ある種神秘的な体験をする女性の方が、無意識に「自分は宇宙の一部である」と感じやすいもの。

 

宇宙の象徴である光や闇、色や色彩に対しての感覚も男性より鋭く、心理状態にあった色を取り入れる傾向がある」

 

なるほど、そうなんですね〜^_^

 

キラキラしたものに、本能的に惹かれるのにはこんな訳があったのですね⭐️

 

キラキラした海や太陽

キラキラ光る水面

キラキラした木漏れ日・・

 

自然の中にもたくさんありますね。

 

ちょっぴり元気がなくて落ち込んだ時、

 

自然のある場所に行くと癒され、元気が湧いてくるのもわかりますね。

 

特に、キラキラしたものを持ってたり、身につけたりするとなんとなくテンションが上がっちゃうのは・・

 

赤ちゃんが産道を通り光に向かうように、”生きる”という体験を味わえるような錯覚をおこすからなのかなぁ?(*^^*)

 

 

 

 

 

恩返し・・必要なし!?【京都イメージセラピスト】

私の気づき です(^-^)

以前の記事でも、ちょいちょい触れている罪悪感。

それが原因で、「頑張ってきた私」。

気がついてきてるので、楽になりつつあったはずなのですが、クセのもんなのか、油断すると
また以前の思考が(笑)

こんな感じです。

そうだったんだー!! だからか…と気づく →
(かなり、腑に落ちた感覚)

些細な現実が、それでいいんだよ♡ってまるで知らせてくれる感じで好転!!
(なるほどー!これでいいんだー!!)

そして…しばらくすると、またちょっぴり 元の思考がよぎる… ありゃ~残念(≧∇≦)

これ、長年やってきたからクセになってるんですね(≧∇≦)

それとも、私がまだ頑張りたいのか^^;

罪を感じやすいのか(笑)

あるいは、相当 頑固者なのか^^;

気づいたつもりなのに、

まだまだ気づくのですね~

果てはどこなの〜^^;

 

☆☆☆

小さい私が、

母にとって、「できる子」になりたかった。

母を喜ばせたかった

でも、そうできなかった

そう思った小さい私が、罪の意識を感じた。

罪を感じた私は、

頑張ることで、償おうとする。

努力して、

できる私をみせることで

母を、そして父を笑顔にできる と。

 

育ててもらった恩を感じ

もらった恩を感じ

返さなければ…と、心は頑張り続ける。

 

 

小さい頃、出来なかった… という経験をすると

「あ。。お母さんが残念そうな顔をしている…

私が出来ないから悪いんだ。。」

 

そして、頑張ることが母を笑顔にできるはず!!
と思い、

 

「ほら、私 頑張ったから、こんなに出来たでしょ!!

どう?これでお母さんは嬉しい?幸せ?

そして、私を認めてくれる?」

 

認めてくれたら、次もさらに頑張り続け、

中途半端な結果なら、そんな自分を責めてたのかもしれません。

大人になって、目の前のことが少しでも良い方向に進んだとしても、

まだまだ、もっと!!と満足しきれず、

 

結果が出なければ、私がダメだからだ と自分を責めてきたように思います。

もちろん、普段意識はしてなかったけど。

母は、私という娘がいて それはそれで幸せなはず。

両親からしてもらった恩返しをしなければならない

なんて、思う必要ないんですよね~

o0400029913325399833

私自身、自分の子供たちに「してやりたいこと」をしてきただけ(*^^*)

私達のために、何かしなければ と思ってもらうことなんか望んでない。

ましてや、罪の意識からなんて とんでもない。

してあげたい と思ってくれたことは、有難く受け取りますけど^ ^

 

そんなことを気づいた1日でした(^-^)

またひとつ、スッキリ☆

 

❤️流れが変わるAnelaお茶会はこちら
~6月は、カラーセラピー付きです(*^^*)~